×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ちえりのメモ帳

MENU

アトは食べたい欲求をコントロール

一般的に言って、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたころからだんだんと落ちていってしまうものです。

 

 

 

これは成長期が終わったことと共に代謝量の安定が訪れたことと、運動量が少なくなったことにより筋肉量も同様にだんだんと低下しているからです。

 

 

 

30代以降になるにつれて太りやすい身体になっていくのはこういうれっきとした訳があるんですね。

 

基礎代謝量が高い方が、痩せるには都合がよいです。

 

椅子に座る機会に背もたれにもたれず背筋を、引き伸ばすようにしたり、歩き方を少々注意するだけでも、基礎代謝を上げることも可能になります。

 

着座や歩き方が綺麗なれば、レディとしての魅力も上がります。

 

 

二重の利点ですよね。

 

効果のあるダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)をする為にはエアロビクスプログラムが欠かせません。エアロビクスプログラムにより体内の残存している脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が燃えてなくなるので、気になる部分のサイズを小さくする事ができます。実際、タフな筋肉トレーニング(より手軽に正しく鍛えられるスロートレーニング、スロトレなんていう方法もありますね)を行っている人を見かけますが、筋トレは心が折れて長つづきしない場合もありがちになってしまいますよね。
ダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)にはよく有酸素運動が効果的だとききますが、有酸素と無酸素の区別というか、区別ができません。

 

 

たいてい言われるのは、息は上がるけれど、汗をかかない程度というのが見分け方のようです。
しかし、発汗の状況は温度によっても変わりますよね。もっとはっきりとしたちがいがわかると痩せやすいと思います。ダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)に、効果的なのは息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。

 

遅筋は有酸素運動で主に使われますが、筋トレをする時に使われているのは速筋という筋肉です。遅筋は筋が肥大しにくく、マッチョな見た目にならないです。

 

 

この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、魅力あふれるスタイルになれるかもしれません。

 

ダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)をしているとき、ついついケーキなどの太りやすいものを食べたくなるものですが、その際には食べたい気持ちを我慢しなくてはいけません。
食べてしまったとしたら、あっという間に体重に現われてしまいます。

 

 

 

もし、どうしても食べたくなったらカロリーが低いダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)用のケーキを創るほウガイいです。短い間に健康的にやせるには水泳がベストです。

 

走ったりは不得手な方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、体にも負担がありませんし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。
やせることを目さして泳いでいる人は大勢いますから、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。水泳は想像以上の消費カロリーを必要とするので、つづければ痩せられます。
ダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)期間中に、無性に甘い物が食べたくなった時に食べるメニューはずっと変わることなく寒天です。これは、その時の気分で味付けを変えられるので、飽きることが全然ないのです。
殊に、缶詰の蜜柑が入った牛乳寒天と、サイコロ状に切った味付けしていない寒天にふんだんにきなこをまぶしてちょっぴりくろみつをかけたものが定番です。ダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)期間の間食は絶対ダメです。間食でつまんだものが、もしポテチなどではなかったとしても、食べただけ、太っていくという現実を忘れないでちょうだい。極端に我慢するのもいけませんが、一日三回、ご飯をきちんととって、アトは食べたい欲求をコントロールできるように体質を変えたいですね。

 

基礎代謝の数値を知ることは必須ですよね。なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、必要な摂取カロリー量を理解することはすることはできないからです。10代の頃のようなダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)に無茶をするのが体力的にできなくなった分、常日頃から静かに数値と向き合っていきたいと思う日々です。